神の島

前の続き。

俺は前日5軒ほどはしごしたと言うのに。バシを尻目に、船上でミチヲ、エミリー、松島と乾杯。旅はまずビールで始まる。海上の景色を眺めていたらすぐに到着。久高島は神の島だが、神々しさは感じないな。普通の小さな島。

さて、ここらで勉強。この久高島は、神がここに最初に降りて来て、沖縄の国造りを始めたという場所。沖縄の聖地とされる。南城にある斎場御嶽(せいふぁうたき)も聖地だが、そこの三角の岩、その先から見えるのがこの久高島。

久高島はニライカナイとつながっていると言われる。ニライカナイと言うのは、簡単に言えば極楽浄土。この島にはいろいろ伝承があって、北のカベール岬は神が降り立った場所。伊敷浜は五穀発祥の地。後者は今回見なかった。

また、秘祭イザイホーでも有名。12年に一度、島の女性が守護神みたいな地位に就く為に行われる。後継者不足で、1978年が最後、それ以後行われていない。2014年も駄目だったので、次は2026年の予定。

この島の一番の聖地は、この祭りが行われるクボー御嶽。だが、現在は立ち入り禁止になっている。なので、看板はあったが、今回は見なかった。それに、興味ないし、どうでも良い。

俺はオカルトが大嫌いだからね。こんな伝説糞食らえ、パワースポットとか頭に蛆でも湧いてんじゃねえの、と思っている。なので、全く関心がない。立ち入り禁止と言われれば、島のルールだし守るが、別に見たくもない。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP