百花斉放、百家争鳴

歴史の修正、の続き。

実際にこれをやったら共産党への批判が噴出して来たから、突然弾圧。いやいや、よくこんなスローガン言えたもんだな。あんな思想の自由もない国がこんなことを掲げる、お笑い草も良い所。

ま、経緯はともかく、この言葉自体は良いものだと思うね。歴史に客観は有り得ない。だから自由に議論できることが必要だ。報道も同じだね。中立的報道とか所詮不可能。右寄り左寄りあるだろうが、それも仕方のない話。

大事なのはいろいろあることだ。だから、結論としては実は冒頭と真逆で、大河自体は害悪だとは思っていない。好きにやったら良い。代わりに、どんな歴史解釈でも許される、ということだ。

出版物やゲームにはどんな有害指定も不要だと思っている。受け取る側が大人になれば良いだけの話。まあ、現実的には人間はそこまで立派ではないから、こういう有害議論が出て来ることはわかっているが。

18禁指定もいらんし、モザイクもいらん。全てのAVは無修正で良い。実際問題、小中学生だって今じゃネットで普通に無修正見れるしな。俺の餓鬼の頃と比べたら天国だよ。AV見るの、こちとらどれだけ苦労したと思ってんだ。

でも、結構まんこ、グロいからな。無修正で当たり前に見れたら、ますます日本の出生率が下がるかも。いや逆かもしれん、現実を直視することでまんこへの幻想がなくなり、それをそのまま受け入れられるようになる?

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP