もっと長い目で

辺野古で騒いでいる連中はテロリスト、の続き。

与那国もそうなんだけど、何で建設始まってから喚くかね?そういうの、先に議論してくれない?議論で負けた結果建設が始まったのなら、悪足掻きしないで大人しく従えよ。民主主義ってそういうもんだろ?

辺野古は決まった話。感情論で変わりはしない。法的根拠がないのだから。役所は法に則って粛々と執行するだけだ。住民票程度でも、ルールに従うだけだからな、役所は。それが守られないならば法の意味がない。

「粛々」のどこに傲慢さがあるのか俺にはさっぱりわからんが、既に法律上決まったことを覆そうとするその知事の態度こそ傲慢ではないのか。なくなった髪の毛の現実に抗うような行為と言える。

俺が県知事なら、基地は絶対に外に逃がさないな。何としても沖縄に作って貰いたい。財政的にも将来的にもだ。もっと先のことを見据えるべき。基地の返還は、辺野古に移してから喚いたって遅きに失することはない。

もっと先だ。本部の方にUSJができるという話だしな、名護方面は今後まだまだ開発ができる地域。だが、現在の名護のインフラ、どうだ?唯一の高速道路はオンシーズンの週末ともなれば大渋滞を起こす。

鉄軌道の計画もあるが、モノレールの輸送能力、たかが知れている。つまり、近い将来、名護に空港が必要になる。もし空港があれば高速道路の渋滞も解消され、名護の市街地も活性化されるだろう。

辺野古の基地というのは、そのインフラ整備の土台を国の金でやって貰うようなものだ。空港を作ろうにも、こういう土地の買収はまず揉める。石垣でもそうだったように。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP