煙草税

前の続き。

自分勝手?そりゃそうよ、酒の業界だって、てめぇの利益さえ守れば他のが潰れようが知らん、って感じでロビー活動して来るだろ。この世は常に戦いなんだよ。でもな、ちょっとビール業界だけ絞られ過ぎだ。これは是正しろ。

んで、よく酒と比べられる煙草税はどんくらいなんかな?調べてみたら、一般的なメビウスなんかでは1箱245円だって。1日1箱吸うなら、ビール1リットルと大体同じだね。両方やるなら465円、国に尽くすねぇ。

でもこれ、銘柄により違うよな?調べたら、「わかば」なんかは半額以下116円。これは260円で売られていて、沖縄の糞煙草、「うるま」とほぼ同じ。

よし、今すぐ税金を245円に引き上げろ。「うるま」「バイオレット」即刻だ。明日からやれ。これでこの島のゴミ共もチェーンスモーキングできなくなるだろ。

あ、でも、こんなことしたら、沖縄のパチ屋で、コイン拾いのみならず、灰皿のシケモクを漁るっていう、もっと汚らしい光景を日常的に目にすることになるかも知れないな。それもそれで気分が悪い。

それは兎も角も、煙草も酒税と同じで、ニコチン、タールの量によって税額を変えるべきだと思うんだよな。吸っている奴のせいで健康保険料が上がるから、その為の税金という建前なんで、そうすべきだろ。

で、「うるま」と「セブンスター」は明日から1箱1000円にしろ。これ、俺が大嫌いな2つ。でも、銘柄で何でこうも臭いが違うかな?なつさんから聞いたけど、添加物に拠るものらしいね。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP