徳之島の夜

徳之島に居酒屋は多い、の続き。

鳥刺しが半解凍で出て来た。しゃりしゃり。店員に聞いたら、自信を持って、「これが普通の出し方です!」と言われたので、この島ではこれが当然なのかもしれない。他の店でも試してみたら良かったが、忘れてしまった。

2軒目は少し洒落た感じの店、ロコモコで。食事系のメニューが多かったから、1軒目が良いかも。ここは客層が若かったな。

船の中でずっとビールだったので、飽きて1軒目から焼酎を飲み始めたのがまずかったか。島特産の黒糖焼酎をぐびぐびやって、2軒目では多少セーブしたのだが、この辺で怪しくなってくるw。

酔い覚ましに街を散歩したが、どこの居酒屋も忘年会だかで繁盛しているね。ホテルで泊り掛けの宴会をやっていたりもした。一部の区画にはスナックが集中している。結構数はあるな。もう腹は減っていないし、ここら辺で飲むか。

明日以降観光するからな。情報は地元の人から聞くのが早い。そういう面でも、旅先でスナックは重宝する。この島の風俗習慣とか裏話とかも聞けるしね。まあ、行って聞いたのは良いが、飲んで結局覚えていないのが問題ではある。

この日も、適当に一軒入る。泡島は早々にソファーで寝始めるw。俺は情報収集、と称して、女性だけのテーブルに紛れ込んだり。まあ、島の若い娘はこんなところにはいないので、それなりだがw。

俺は目が悪い。運転の時だけ眼鏡を掛けるが、邪魔なのと、飲み屋でなくす可能性が高いので、普段はしないことにしている。だから、遠くからだと、人の年齢や顔がはっきりはわからない。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする