仲本海岸

前の続き。

さて、人助けもしたことだし、本格的にシュノーケルを。子供のようにならないためにも、ライフジャケットを借りる。海岸の売店で無料で貸してくれる。

この仲本海岸は結構事故が多く、危険。かなりアナウンスされている。だから、ここは建前上、遊泳禁止になっている。自治体としては責任を取りませんよ、自己責任で、ってことだ。皆泳いでいるけどね。

干潮時はリーフの先、白波の立っている場所がはっきりわかるのだが、満潮時はそれがわかりづらいのが原因か。外には潮流があるよう。

浅瀬でも、海底の地形が変化に富んでいて、それがシュノーケルをしていて面白い原因なのだが、その地形の変化と思っているうちに、気付かずに深みに嵌る、ってところかな。で、流される、と。

ライフジャケットは無料なんだし、必ず借りて身につけて、楽しくシュノーケル。ここはいいよ。何か、テーマパークみたいな、冒険しているような感じになる。

礁池、沖縄では「イノー」と言うが、この珊瑚によって形作られている道が複雑になっていて、それぞれにそれぞれの魚がいる。大きいのも小さいのも、種類も様々。珊瑚も色とりどり。

人気のシュノーケルスポットであるのも頷ける。この楽しさのまま、気付かず沖へ、なんてのが事故の原因だろうな。くれぐれも気をつけて。

もう一つの海岸、宮里海岸でもできそうだが、誰もいないのでパス。見知らぬ土地の、人のいない海岸で、気軽にシュノーケルなんざやるもんじゃないと思うね。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする