嫌いは物の上手なれ?・その5

ゲーム性が気に入った好きな台があって、導入当初は状況が良いからそれで勝てるんだけど、それが減台、挙句の果てにはバラエティーに1台、そんなになっても、それでも「今日はイベントだから」とか理由をつけて触っちゃう奴。

バラの島なんざ、言うまでもなく、全台毎日、1だよw。そんなことはねぇ、とか思うなら、パチのバラの島の釘を見て来い。空いている釘とかあるわけねぇから。バラの島なんざ、スルーが常識だ。

だから、パチもスロも「好き」では駄目なんだよね。全ての台が「嫌い」、その上で、期待値があるから、それを仕方なく打つ、ってぐらいじゃないと。

ま、結果論的な部分もあるわな。「嫌いだから勝てる」わけではなくて、「勝てるから打つ、結果、毎日打ちすぎて、飽きて嫌いになる」って面も大きいのだが。

鶏と卵みたいな話で、どっちが先か、って不毛なんだけど。でも、「好き」なうちはろくに勝てない、これは間違いないと思うよ。例え勝っていても、「好き」なことで、収支的にはロスを出していることが確実。

前回の話にしても、今回も、パチやスロは「嫌い」となることが人間的に一番いい、ってことだねw。やらない、って選択肢がベストであることは言うまでもないなw。

ここを読んでいる皆、悔い改めて、明日から、新たな別の人生の第一歩へ、踏み出そう。俺?俺はもう無理だから、我が屍を越えて行けw。その教訓をここで書いているんだから、生かしてくれよ、本当に、頼むよ。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP