与那国の夜も更けて

前の続き。

ぼちぼち、政治談議もやめるかw。俺は好きなんだけどね、こういうの。余りに話が飛躍して長過ぎたから、皆忘れているかもしれないが、一応これ、旅行記w。

元に戻すよw。ここ与那国で3軒目の居酒屋で、店主と政治の話をしながら夜も更けて、さすがに店ももうないので、帰る事にする。町の明かりがないので、星がよく見えるな。

俺のスマホ、Gショックの奴なんで、自然に強い。プレインストールのアプリで、星座を探したり出来る。今まで使ったことがなかったが、これだけ星が見えるんだし、使ってみるか。

夜空にスマホをかざして泡島と星座を眺める。あ、別に、ホモじゃないんで、勘違いしないでくれw。お互い、女体が大好きだから、間違いはないw。

星は、それなりに見えるね。スマホなら、一般的なアプリで俺のと同じようなのもあるらしいんで、それをインストールして夜空を眺めれば、星座も発見しやすいだろう。

宿に帰ってきて、飲んで寝る。酒は、役場近くの福山スーパーで買い込んでおいた。このスーパー、石垣与那国間のフェリーを運航している、福山海運が経営しているよう。この祖納の集落のライフライン。繁盛していたね。

9月3日水曜。早起きしたので、ネットを使って、今晩泊まる波照間島の宿をピックアップ。ところが、数軒撥ねられた。こんな9月の平日でも、沖縄は観光客が多いらしく、直前の予約では厳しい。

計画は事前にしっかりと立てた方がいい。それでも、何とか宿を取れたので、今日の予定としては、ここ与那国から空路で石垣、そのまま港に出て、波照間行きのフェリーに乗って、一泊、の予定。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP