ホーミー

前の続き。

見た感じは、小さいウミウシ、海のナメクジって感じ。動画はこちら。味はやや苦い。やっぱり、名前の通りwww?沖縄でもこのホーミー、獲れるし食べるようだけど、同じ名前。いいのか、これw?

沖縄の方言では、ホーミーというのは、宝味と書く。まんこのこと。やっぱり、そこから取ったのかな、この貝の名前w。まあ、見た目的にも間違いなく近いw。

いろいろ調べたら、面白いのが。ホーミーは年齢によって漢字が変わるようだ。宝未、宝美、宝味、豊味、飽味、放身、呆身、法海。左から10代~80代以降。勿論、冗談だがw。でも、うまいね。俺は宝美が好きかなw。

ホーミー、あ、磯粟餅の方な、それについては小学生の女の子が熱心に研究して表彰されたことがあるようなので、こちら(1、2、3)を見てくれ。昔の話だから、今はもう大人だね。ふーん・・・w。宝未から宝美に変わった頃か。邪心w。

また話題が逸れたよw。この居酒屋、草は、メニューも豊富でいい店だね。基本的は沖縄料理かな、って思った。が、天麩羅はさくさくで、内地タイプ。島産きくらげの天麩羅がうまかった。

この後に昨晩行ったスナックに行って、様々な黒糖焼酎を飲み比べてみたり。この島特産の黒糖焼酎は種類が豊富。なんで、飽きないかも。基本的な味はさほど変わらないけどね。

滞在中に全種類飲んだはずだが、酔ってさっぱり覚えていない。この日も、どうやって帰ったかはちょっと記憶にないw。本当はもっと居酒屋を巡りたかったが、チャリだからね。しかも明日は知名の宿に移動しないとならんし。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする