マハロシリーズ比較・その2

実際問題、沖縄の日常では、4、5を打たされることが多いわけで。6はイベントでもないと触れないだろう。が、この肝心の4、5の機械割りが、ハナハナより落ちる。

ハナの4は104%、5は107%なんで、この差は痛い。これなら、マハロ系よりも、台数も多い看板機種のハナを打った方が遥かにまし、という結果になるわけで。だから触る機会が少ない。

マハロ、コイコイの6は確かに魅力ではあるが。ハナの6は111%だし。でも、次のニューキングハナハナは112%になっているんだよね。となると、差はほとんどない。

ハナハナ系は新機種ほど割りが上がっているのに、マハロ系は新機種ほど割りが落ちるという糞っぷりw。こんなもん、敬遠しますわなw。

よって、台読みで確実に6が入る、という以外では、ハナハナを打った方が良い。沖縄の現状を考えると、多くの店でハナハナの方がメイン機種なので、マハロ系を触るメリットは皆無、ということになる。新装直後ぐらいしか使えない。

ってことで、ワイワイが入ってもうそこそこ経つので、完全に旬は終わったと言って良いだろうw。だから、この記事を見て店に打ちに行くのは完全に養分だなw。ま、イベントの時にせいぜい狙ってみてくれw。

さて、攻略の話でも。打ち方はハナハナ同様、チェリーを枠内に狙えば良い。ただ、白バー下のチェリーを狙った方が良いけどね。こちらは、チェリーを枠上に押したとしても、左下段にスイカがあるので、フォローが利く。

赤バーの場合は、枠上にチェリーを押せば、その時点でスイカをこぼしている可能性が出てくるので。それに、白バー狙いなら生入りをさせやすい。赤バー狙いで生入りさせるならば、下段にチェリーをビタ押ししなければならないので。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする