お手紙コーナー、定期化w?

最近何故か、ブログの方にお便りがちょろちょろ来ます。以前はほとんどなかったのに不思議ですね。かと言って、ここのアクセスは大して増えているわけでもないのですがw。

何はともあれ、嬉しいですね。こちらもDJ気分で、ノリノリでお答えしますんでw、どしどし送って来てくださいね。今回のお便りはこちら、琉大スロッターさんです。

「忙しいところすいません!単刀直入なんですが、ハナハナやトリプルの朝一はがっくんチェックなど有効でしょうか??」

そうですね、今日はゲストに、「賭博黙示録」などで有名な、利根川幸雄先生にお越し戴いていますので、伺ってみましょう。どうですか?

「ククク・・・。大人は質問に答えたりしない、それが基本だ。そりゃあ・・・構わない、お前の質問に答えること、それ自体は容易い、簡単だ。しかし、今、俺がそんな話をしたとしても、その真偽はどうする・・・?真偽などどうでもいいから聞きたいと言うのか・・・?ククク・・・。」

どうも有り難う御座いました。なかなか手厳しいお言葉ですね。どうでしょう、琉大スロッターさん?そうですね、私からもいくつか。

質問に対しての直接のお答えは、このコラムで初期の方を探せば書いてあるんですけどね・・・w。学生さんが、「わからないことは自力で解決する」という姿勢がないのは少々問題有りではないかと。

学問を追及する動機は好奇心でしょう?その最先端を自分で切り開く気概はあって欲しいものです。それに、この御時世、ネットで調べることぐらい出来ないと、卒論も書けないのではw?

まあ、コピペを貼り付けてばかりではSTAP細胞になってしまいますが、彼女ですらも、いろいろ自力で調べる、という作業は行っているわけです。その足元にも及ばないようでは、彼女を笑うこともできませんよw?

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP