潮干狩り

続き。

沖縄の海は、海岸からかなり先まで、珊瑚によって浅瀬が作られている。普段は、海岸線の先、500メートルから1キロぐらいに白波が立っていて、そこがリーフの終わり。そこから先は急激に深くなるんで危険。

リーフ内でも、普段はそれなりに水深があるが、大潮の干潮時だと、そこまで歩いて行けるようになる。この時が潮干狩りのチャンス。普段は潜らないと採れないサザエなどが採れる、ってことだ。

漁業権なんかは当然あるだろうけど、この読谷のビーチ近くの所は、港が近くにあるわけでもないし、問題ないよう。そういうのがあるところは、看板が立てられているからね。

現実問題、お遊び程度なら取り締まるほどでもない、って感じかな。実際、そんな採れんし。こういう話をネット上に載せるのもアレだがw、ま、俺は何でも書いちゃうんでw。

あ、一応注意書きしておくと、このコラム、全てフィクションなんでね、悪しからずw。どうよ、これで文句ないだろうw?ほれ、通報したけりゃ今すぐやれよw?

下らない煽りは兎も角、待ち合わせをして皆で出発。用意がいいね、皆。なつさんは銛とか持って来ているしw、ビーチでカップラーメンを作る為の、ガスコンロにやかんまでw。ミチヲも、手袋やら、貝をほじる為のドライバーやら。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP