沖縄蕎麦

漢字の「蕎麦」、ね。小麦粉の「沖縄そば」ではなくて、日本蕎麦の話。

年越し蕎麦を食うのを忘れたので、それを思い出して、食いたくなって書いているw。

以前書いた通り、沖縄では「沖縄そば」で年越しをする。でも、この風習自体内地のものだし、やっぱり日本蕎麦が食いたい。

俺は当然ざる蕎麦。そもそも、温かい蕎麦はうまいと思わないな。蕎麦はざるで食うもんだ。東京では結構店も回った。上野の藪が一番好き。みぞれの菊正宗をぐびぐびやりながらが最高w。

うまい日本蕎麦が食いたくて沖縄でもあちこち行ったが、那覇市内にあるのはどこもまずい。今までうまいと思ったのは、嘉手納の「せい家」しかない。が、場所柄、一杯飲みながら、というわけにいかないのが残念。やっぱり飲んで締めにざるがいいよね。

実は、沖縄でも蕎麦を栽培している。やんばる(島の北部のこと)は大宜味村の方で。この蕎麦を那覇市内で食えなくもない様だけど、やっぱり本場で食ってみたいなとは思っている。でも、うまかったとしても、ここまでは気軽に来られないし、結局、一杯やりながらってのが無理なのは残念だが。

大宜味の蕎麦屋は3つあるね。「美ゅうびゅう」は大宜味の道の駅なんで行きやすいだろう。「ねろめ食堂」もその近くなんで楽か。「江洲の花」は結構遠そう。東村からの方が早いかな。慶佐次湾のヒルギ林よりも北の山の中なので。

沖縄蕎麦連食ツアーでも開催するかw。そのうちブログにでも告知して、参加者を募って。

蕎麦ならそんなに重くないし、3軒回っても大丈夫だろう。あ、でもここは沖縄だったw。量を甘く見ない方がいいかも知れんな。やっすい値段でいろんなものがくっついてくるのが目に浮かぶ。

内地の方も、観光でやんばるを回る際には寄ってみてくれ。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする