カルト記念日

昔似たような記事をブログで書いたことがあるけど、毒吐きをバージョンアップさせてw。

さて、聖夜も近づいて参りました。俺の予定?無論ないよw。相手がいない、そうだね、その通りw。が、いた時でも祝ったことがない。これに関しては断固拒否するので。

当たり前。俺はキリスト教徒ではないから。彼らが祝うのは良くわかる。好きにやればいい。が、日本人の多くにはどう考えても関係ない。

もっとはっきり言おう。宗教なぞ糞食らえ。俺にとっては、キリストもイスラムも仏教も創価もオウムも幸福の科学も、全部同じもの。一言で言えば、全てカルト。信者の数が違うだけの話だ。

人間は科学の発達によって繁栄している。これの真逆にある存在をなぜ排除できないのか。まあ、こんなもん、指導者が、言っても理解できない愚民を統制する際に都合良く使っているだけ、ってこともわかるから、道具みたいなもんなんだろう。そう言えばそれまで。

理性のある人間ならば、誰一人信じていないはず。建前上、もしくは自分の利益になるから、これをうまく使うのが大人ってもんだろうけど。俺はそんなもん関係ないんで、放言。

隣の人もどきの国なんかだと、これが結構一大イベントらしい。儒教の癖にw。つまり、民度が低いところにこそ、こういう手段は有効という、宗教の特性が良くわかる。

裏を返せば、これに乗ることは自分の知能が低いことを宣伝しているのと変わらない。だから、俺には恥ずかしいこととしか思えないわけで。

ここで一句。何で?次の記事と合わせてねw。

「マンデラの守護霊が来て降りたから今日は隆法記念日」

彼のは下手な漫才より遥かに笑えるのでお勧め。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする