米軍の雑誌

仕事の話ばかりしていると、スロットしか考えていない頭がおかしい奴だ、と思われるのでw、普通の話を。

友人のみちをが仕事で基地に入った時に、そこのフリーペーパーをいくつか持ってきてくれたんで、それを読んでみた。こういうのも普通はなかなか手に入らんもんだし、彼らが日本をどう見ているのかがわかるから面白い。

それに、最近、パチ屋で使っているイヤホンが断線して、仕事中にリスニングもしてないし、たまには英語をやらんと忘れちまうからね。

どの雑誌も、日本のことを知ろうという姿勢があるのがいい。こちらで暮らしているんだから、必要になることも多いんで当たり前かも知れんけど、日本の文化や言葉についても積極的に取り入れて行こうという感じが見て取れる。

一つは海兵隊の広報誌。これは堅めの内容で、どのような訓練を行ったか、ということが書いてある。毎週発行されているようだ。今話題のオスプレイについては記事が多いね。海自の船「いせ」に着艦した、とある。

こんな広報誌でも、今週の日本語のフレーズ、ってコーナーがあって、今週は「誕生日おめでとう」だった。

もう一つは、海兵隊のコミュニティ雑誌。こちらは、隊員や家族の日常、観光なんかにスポットを当てている。子育ての話も多い。沖縄の紹介も多くされているね。

シーサーはthe Lion-Dogsだってよw。調べて見たら、日本の寺の入り口なんかにある想像上の生き物、狛犬なんかも、これで訳すみたいだな。確かに、シーサーもその亜流みたいなもんで、獅子と犬の合わさったような感じではある。

玉泉洞の記事は単語が難しくて挫折したw。専門用語が多いんだよ。まあ、何となくはわかるけど、日本語で読んでも、「石灰岩がどうたらこうたら、堆積、隆起、侵食、何とか作用によって~」、とか、よくわからんしねw。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP