カピバラ

東南植物楽園の続き。

さて、来たかった新設の動物ゾーン。檻の外からはいつでも見られるけど、中で触れ合える時間は限られている模様。この時は、ラッキーなことに、最終の公開時間にぎりぎり入れた。

カピバラとリスザルがいる。リスザルはまだ慣れていないので触るな、とのこと。カピバラはのそのそ歩いているw。これを見たかったんだよね。見ててほっこりするw。

カピバラは南米にいるネズミの仲間。マイナーな生き物だが、メディアのお陰で有名になっているので、知っている人も多いだろう。日本でもあちこちの動物園で飼っているようだ。

人間を怖がるようなそぶりは全くない。が、疲れて家に帰りたいのか、キューキュー鳴いていたw。そちらにおいしい餌があって、それをわかっているから、とか飼育員が言っていたな。

触ることも出来るが、毛は見た目と違いタワシのような剛毛で、撫でても全く気持ちよくないw。触られるのを嫌がるような感じはなかった。

できたら湯につかっている姿を見たいな。そういうコーナーを作って欲しい。あの、温泉で目を細めている姿が見たいのよw。でも、沖縄は冬場でもそこまで寒くないから、湯を用意しても、こいつらが入ってくれるかどうかはわからんが。

リスザルは寒いのか、ストーブの前でたむろしてたな。他に、ヤギもいる。こちらは沖縄のあちこちで見られるので珍しくはないが。というか、昨晩山羊刺し食ったしなw。ここの親族だったかも知れんな。すまんw。

園内を散策するのは気持ちいいんだが、森林ゆえ、蚊がうようよ。この時期でも平気でいるよ。ちょっと食われた。沖縄の山の中はこれが嫌w。んなこと言っても仕方ないんだけどさ。

帰りは案の定、北谷で渋滞。なんとかならんかな。しかも浦添に新しくオープンしたメイクマンあたりもやばくなっている。

開発するのはいいんだけど、頼むから考えて。

さて、観光も満足したことだし、夜の街へ出掛けますか。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする