ニュートリプルクラウン-30・その4

ただ、この逆挟みをやっていると、右リールのストップボタンを連打しているから、遅いタイミングの告知が入るとロスが出る。気になる人は、しっかりストップボタンの光を確認してから止めるか、右に一周押しで7を狙おう。右に毎回7を狙っていれば、告知が遅くても一発で揃えられる。毎回狙うのは面倒だけどね。

前述の通り、成立プレイで揃えられないミスが起き易いので、その後のフォローも必要。この台は小役優先制御ではない。よって、自力で小役成立を見抜いて、揃える必要がある。

1枚掛けで左の上中段にバーを狙う。バーが下段に落ちたらボーナスを揃える。それ以外の停止位置は小役なので、中右でボーナスを外す。ただ、これだと、バケ+プラムの場合は獲得できない。でも、おそらく全小役を網羅できる方法はないはず。変則押しもいろいろチャレンジしたが、多分無理。もしあるなら、教えて頂けると有り難い。

ちなみに、この小役抜き、次機種のトリプルゼロの場合は、左中段にバーをビタじゃないと駄目。この話はまた後で。

数値は以下の通り。

1:309.1/569.9/200.4/96.72/38.74

2:297.9/504.1/187.2/98.95/38.92

3:287.4/481.9/180.0/100.66/38.97

4:278.9/436.9/170.2/102.65/39.17

5:268.6/397.2/160.2/105.45/39.74

6:258.0/368.2/151.7/108.28/40.21

左から、設定、ビッグ、バケ、合成、機械割り、1000円あたりの回転数。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP