情けは人の為ならず・その2

スペハナは小役優先制御ではないので、中リールをテンパイ可能な位置で押すと、ベルすらこぼすw。締めて3千円程度のロスか。隣のコインが尽きかけて来たんで、揃えてやった。

まあ、揃えてやったのも計算があって、俺は自分の台に設定が入っていると思って打っていたので、この台を動きたくない。空いた時に、一時的に掛け持ちで消化、ってのも考えたけど、ホームとして使っている馴染みの店でこんなえげつない掛け持ちも、後々のことを考えると得ではない。掛け持ちにうるさい店だったしね。

もしやめられた場合に、逆サイドにいる客と争奪戦、なんてのも嫌だったんで、残りクレジットだけになったところで揃えてやったことがあるw。まあ、そこまで放置も酷い話だがねw。

目押しぐらいやってやれ、って話もあるだろう。確かに、積極的にやってくれる輩の方が、見ていて気持ちはいい。向こうも感謝してくれるだろう。そして、いい奴と思ってくれるはずだ。

でも、どうなんだろうな、これ。こういう奴は、自分の子供の言うがままに何でも買ってやってしまうタイプ?躾的には、問題ありなのが育ちそうだなw。

そりゃね、養分の客が快適に打てるように手伝ってやってもいいよ。それで居心地がいいと思って今後も金を落としてくれるなら、その一部が俺の財布に回ってくるわけでね。まさに、情けは人の為ならず。本来の意味ね。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする