粗食研究・その3・酒のあて

写真1。ん?意味わからん?いやいや、ビールの隣が酒の肴。

冷蔵庫に置いてあるのをちょっと舐めてみたが、ごまだれは酸味があって飯には合わん気がするな。セオリー通り、サラダやしゃぶしゃぶがいいと思われる。

ラベルに書いてあるそんな説明書きを眺めながら、舐めて飲んでいたが、あれ、別にこのままでも良くね?って感じに。そんなに腹も減ってなかったんで、これで。

おかしくはないぜ?日本酒のあてって言えば、塩だってあるだろうよ。実際、あれで飲む日本酒、ぐいぐいいけるよね。まあ、その後は知らん。

よって、調味料だけでも結構いける。やってみてわかった。その後ケチャップやマスタードでも。うん、この辺はいまいちだな。ポン酢はなかなかいい。

さすがに、冷蔵庫内の処分をしているからであって、終わったらやらないと思うがw。

写真2。丸大食品のグリーンカレー。レトルトだけど、具が入っていないスープだけで売っている。タイカレーの味そのもので、再現性はばっちり。ココナッツミルクの味が強いカレー。意外に辛い。

俺はカレーに具は不要と思っているんで、このまま米にぶっかける。うん、レトルトにしてはかなり良くできているんじゃないか。カレーは、東京の時から、結構あちこちの店を食い歩いているんで、自信あるぜ。

沖縄なら、りうぼうで売っているんじゃないかな。多分その隣に「カシミールカレー」も置いてあるんで、辛い物好きな人は是非。この話はまたの機会に。

タイカレーはナンプラーが欲しくなるよね。家にはなかったんで仕方ない。魚を漬け込んだ生臭い醤油、通称、魚醤ね。これを入れるとコクが増す。これに漬け込まれた唐辛子もばりばり入れたいところだ。

とりあえず、こんなところで。また写真が溜まったら。ニーズはないだろうけどw。

(終)


Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする