ポーク

豚肉、って思うのはないちゃー。沖縄でポークと言ったら、ポークランチョンミートを指す。

沖縄を経験したことがない人には全くわからんだろうな。写真1のような缶詰があって、これがポークランチョンミート。ランチョンってのは昼食って意味らしい。

この缶詰、内地で食うことはまずないと思うけど、沖縄では当たり前の食い物。よって、ポーク、と言えば、これであって、普通の豚肉は、別に「豚肉」と呼ぶぐらい。

アメリカの影響だね。でも、売っているのはデンマーク製も多いんだけど。この缶詰は、写真のように、底についている金具を使って開ける。

ポーク卵って言えば、この肉と卵焼きのおかずがついた定食。これを挟んだおにぎりは沖縄の至るところで売られている。さらに、これに味噌やケチャップ、昆布なんかを挟んだりも。味噌も独特で、油味噌と呼ばれる、ちょっと甘い奴。

味噌汁にもこれが具として入っていることが多いね。ちゃんぷるーなんかでも大概入っている。とにかく、沖縄で飯を食えばこれに接しないことは有り得ない、って食い物。

家に缶詰があったんで、開けてみた。後で調べたことだが、あれ、そのまま食えるらしい。驚愕。生で食えるんだ。ちょっと怖いね。一応調理済みなんで、生じゃないらしいけど。

知らなかったので、ごま油で焼いた。写真2の通り。が、そこまで神経質に火を通す必要はなかったな。カリカリのベーコンみたいになった。このポークとごま油は合わん。

この肉、こっちに来た当初は物凄くまずく感じたんだが、今は何でもないな。慣れるもんなんで、敬遠せず食ってみてくれ。


Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする