福島見聞録・その4・障害者マーク

出口の料金所で、一悶着。俺が高速の被災者無料の登録をするのを忘れたのが悪いんだが、親父が係員にどうにかならないのかとか言い始めて。

それとは別に、親父は障害者なんで、障害者登録もしておけば安くなったんだが、それもしていなかったよう。ま、これは仕方ない。登録を忘れた方が悪いんだから。大人しく払って出る。

高速は今後使うこともないだろうからいいんだけど、障害者登録の方はしておいた方がいいな。これでマークをもらっておけば、スーパーなんかの、障害者専用駐車場にも停められるしね。

そうそう、この障害者専用駐車場、無視して停まっている健常者のゴミが、どこの地域にもたくさんいるよねw。スーパーの入り口に近くて便利だから。

こういうのを見るたび、ああ、こいつは知能に重度の障害があるから仕方ないんだろうなあ、と、哀れんでいるw。こんなゴミにも人権か、厄介だねぇ。

さて、高速を降りたので、もう夕方だし、ここで一泊することにする。近くに、飯坂温泉っていう、一応名湯があるようなので。

駅前の案内所で宿を紹介してもらって、花の瀬ってホテルに。山の奥の方で、穴原温泉と言う名前だった。まあ、隣接していてさほど変わりはないのかも知れんが。

平日なので客は少なく、露天風呂では夜も朝も誰も来なかった。渓流のそばで、断崖に面している宿。屋上が露天風呂。ここは寒い季節の方がいいだろうね。雪景色なら最高だと思う。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする