管巻き連発w・その2・ラーテル・その3w

そこで!こいつらも悪知恵が働くわけで、この怖いもの知らずの阿呆に特攻させるw。このラーテルの近くを飛び回って、ピーチクーパーチク鳴く。

このラーテルは知恵があるのかないのかわからんがw、この鳥を捕まえようと攻撃しながら、こいつらの思惑通り、蜂の巣まで案内されるw。後は、この鳥は高みの見物w。

この阿呆のラーテルは、蜂の巣を見つけて、もう鳥には興味なしw。蜂の巣に何も考えず特攻w。顔面はさすがに装甲が薄いらしく、刺されて何度も悶絶w。のたうちまわっているが、しつこく何度も特攻して蜂蜜にありつけるようだw。

この辺、さすがに鼬科。うちで飼ってたフェレットも糞しつこいw。ジャンプしても届かない位置におやつを置いたりしても、延々と取ろうと画策して、飽きる気配がない。

鳥たちは、このラーテルのおこぼれ、蜂の巣の残骸などを漁っておいしい思いをするようだ。すげーな、自然。こんな戦略を、異種族間でやるんだねw。

もう後は詳しくはウィキペディアなり、動画を漁るなりで調べてw。笑えることは間違いない。

もともと俺はフェレット好きなんだけど、鼬科全般可愛いねw。この短足がのそのそ歩いている時のけつが最高に好きw。なんだ、このフェチw。走り方もちょこまかして好き。猫や犬とは違って、人間に媚びない攻撃的な性格も、野性っぽくて好き。

あまりに好き過ぎて、ラーテルだけでこんな書いちまったw。基本、動物は面白い。こういう仕事しようかなw。

(終)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする