生け簀の銀次・新都心店・その1

折角これだけアホみたいに飲み歩いているんだから、それを記事にしようかな、と。今までずっとブログでやっているんだが、向こうはメモ的な感じで、ちょっとした感想程度。特に気に入った店は独立してコラムにしようかな、と。

ブログ「沖縄パチスロ放浪記」の方も見ていただけると幸いだ。コメントなんかもこっちで宜しく。

多分、この記事は更新頻度が高いよw。どれだけ飲んでいるかが良くわかってもらえるだろうw。要は、酔生夢死の体現日記w。

ということで、土曜日にいつもの面子と定例会で利用して来た。名前の通り、魚メインの居酒屋。

俺が外で待っていたら、女子大生ぐらいの姉ちゃん2人がここの隣の店に入って行ったんだが、「いけにえの銀次、いつも混んでるよね~」と普通に会話してたw。

・・・。笑い事ではねぇよな。ゆとり教育は悪だw。「生け贄」、まあ「生け簀」と漢字は似ているけどさ。生け贄の銀次なんて不穏な名前の店で食事はしたくないわw。意味考えりゃ、おかしいことぐらいわかんだろうよ。読めなかった人がもしもいたならば、恥をかく前に今すぐ調べましょうね~。

さて、本題。ここは沖縄である程度チェーン展開をしているところ。「みたのクリエイト」って名前だが、店舗には大概「銀次」の名前が付いている。外観が派手なことが多いので、見つけやすいはず。

この名前、内地で見かけたことがある人もいるかもしれないが、それとは別物。あの某糞チェーンは最低だね。詳しくはそこのウィキペディアに書いてあるね。後はググればだいたいわかるよ。まあ、商標登録はきっちりやっておかんと、ってのはあるかもw。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする