沖縄の郷土料理・その1

こっちの独特なランチでも。ん?興味ないw?いや、書くよ。観光ガイドするつもりで。たまには視野を広げて、パチ以外のことにも興味を持てよ、諸君w!ってことで、読んでねw。

こっちに来たら是非いろいろチャレンジしてみて。やっぱり沖縄は独自の文化だから、内地とは一線を画す食文化がある。口に合わないものも当然あると思うけど、観光ってのは非日常を経験することだから。まずいものを進んで食うぐらいの気概が欲しいねw。俺はどれも普通に食えるな。

値段は内地と比べると安い。500~600円程度。700円ぐらいになると、量を警戒した方がいい。少食の人ならまず食い切れないだろう。

ゴーヤーちゃんぷるー

説明はいらんわな。沖縄の代名詞。ゴーヤは人を選ぶだろう。ただ、店によって入っているものは結構変わったりするし、ゴーヤの苦さもかなり違う。観光で来たなら、これをいろいろな店ではしごするのもあり。店により味も違いがあるんだよ。やっぱり、お袋の味だからかね?家庭により違いがあるみたいなもん。

・豆腐ちゃんぷるー

名前の通り、豆腐を使ったちゃんぷるー。ちゃんぷるーってのはいろいろ混ぜた炒め物。島豆腐は結構固い。木綿をさらに固くした感じ。これは、冷奴には向かないけど、炒め物には向いているな。

・ふーちゃんぷるー

車麩を使ったちゃんぷるー。俺はこれが一番好き。麩をふわふわした食感にできるかどうかが腕。下手糞が作ると、焦げたりするw。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP