沖縄の食生活・その3

今回は夜の食生活。当然酒w。

郷土料理の居酒屋は基本観光客向け。国際通りにたくさんあるけど、地元の人間はあまりいない。やっぱり普通に焼き鳥屋とかで飲んでいるよ。居酒屋も内地と変わらず多彩で、つまみもそれぞれ。

ただ、魚だけはいまいちと感じることが多いな。こっちの魚は白身が多く、脂も乗っていなくてあっさりしている。水温が高いから脂が乗らない、ってわけ。海鮮系は店を選ぶべき。ちゃんとしたところで食えば、沖縄の魚もいけるんだけどね。

生ビールはオリオンの店が多いけど、スーパードライ、プレミアムモルツの店も結構ある。キリン、サッポロ、エビスはかなり少ない。プレミアムモルツはかなり売り出しているようで、飲み放題がこれだったりするし、単品でも安かったりで、かなりお得に飲める。

100円ビールとか謳っている店も多いけど、これは発泡酒や第3のビールなんであしからず。気にならない人はいいと思うが、俺はちゃんとした生ビールを選びたい。

その後は泡盛。が、泡盛のことを、ただ一言、「島」と呼ぶw。島と言えば酒、っていうこの感覚、見習いたいねw。本来は「島酒」なんだけど、これが「島」になっている。泡盛なんて言っているとないちゃー丸出しなんで注意。

バーの数も結構あって、他の酒もそれなりに飲まれてはいる。が、メインはビールと島。

おしゃれなディナーとして、イタリア料理、フランス料理なんてのも実は結構あるようなんだけど、俺には縁がないんでよく知らんw。中華はそんなに多くないような。焼肉屋はかなり多い印象。

居酒屋は遅くまでやっている。昼までやっているところも。泥酔している上がりのキャバ嬢を昼間に見られたりするねw。

締めは沖縄そばが基本だが、こっちの若い奴らはステーキだったりするらしいw。深夜でもいろいろな店がやっていて困らないな。

(終)


沖縄料理も最近食ってねえな。

海と空が繋がっている。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする