【日記・12】つまみ選び

一通り見て回って、他の連中もオリオンビールの会場に集合。しかし、10月も終わりだってのに、暑いな。つまみは、最初色々食ってみたが、並んだりして待たされる所も多かったので、面倒臭がりな俺が唐揚げをまとめ買いして来て、そればっかりになった。旨かったけどね。

御通しサイズのレトルトパックが10個で500円の安い冷凍の総菜は、後で食ったが、なかなか良かった。体に優しい感じの、全部種類が違う、付け出し。これ、普通にスーパーでこの値段で売っていたら、買うな。もっと沢山買っても良かったかも。

席取りの際に、バシが変なのに捕まっていた。いつもこう言う引きをするな、御前。話を聞くから良くねえんだよ、面倒だな、と思ったら、話を遮って引くべきだ。聞くから「おっ、こいつは脈あり」みたいに思われるんだって。

で、ある程度飲んで、泡盛ブースへ。ここで試飲して回るだけで十分に出来上がるよ。それくらい数がある。気に入った泡盛を一つ買って、後は皆でつまみ選び競争。

各通りごとに二人一組で別れて、一番良いと思った物を買って、この後に俺の家で飲み会。そこでつまみの品評会をしよう、と。センスが問われる。俺らのが一番良かったんじゃないか?まあ、割り当てられた通りにある店次第と言う運もあるが。

家でぐびぐび。朝方解散。記憶は断片的。取り敢えず、産業祭りは御勧めと言う事だ。

(続)


別荘大浦湾。

集落の売店に買い出しへ。このTシャツで。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ミチヲ より:

    つまみ選びは、ナツさん自分のペアが一番だったでしょう!
    てんぷらと伊江牛ですよ!

    • 沖島毒鼬 より:

      そうだったっけ?ちょっとうろ覚え。

      伊江牛は最近あちこちで食えるようになって来ているからなあ。レア感がないな。

PAGE TOP